重要無形文化財 久米島紬

久米島紬事業協同組合
〒901-3104 沖縄県島尻郡久米島町真謝1878-1
TEL 098-985-8333 FAX 098-985-8970

ユイマール館 久米島紬

【歴 史】
 久米島紬の起こりは、15世紀の後半に「堂の比屋」と呼ばれる人物が、中国から養蚕技術を学びこれを広めたことから始まったと言い伝えられています。日本の紬絣技法は久米島を起点に発達し、沖縄本島、奄美大島を経て本土に伝えられ、大島紬、久留米絣、結城紬などのもととなり、日本全国に伝播されていきました。久米島紬が紬の発祥の地とも言われています。
 
【特 徴】
 久米島紬は、純粋な植物染料と泥藍の深い茶の色調で、特殊な風合いと着心地の良さが特徴です。
 染料は久米島に自生する植物であるサルトリイバラ(グール)、車倫梅(ティカチ)、ヤマモモ、ユウナ、フクギなどを細かく割り、長時間かけて煎じた染液に糸を浸け、1日5~7回染めては干し、干しては染めを10日間ほど続け、泥媒染を加えます。媒染に使う泥は鉄分を含んだ特殊なもので、このような工程を数回繰り返して久米島紬特有の渋い赤みを帯びた黒褐色を得ることができます。
 そして、糸紡ぎからはじまり、図案、種糸の作成、糊張り、糸括り、染色、製織り、きぬた打ちなど全行程を分業体制をとらず一人の織り子が複雑な手作業を行います。
 こうして柔らかい風合いをもつ久米島紬が生まれます。
 
 昭和50年 伝統的工芸品として通商産業大臣の指定
 昭和52年 県の無形文化財として指定
 平成16年 国指定の重要無形文化財の指定 及び 保持団体の認定
 
【作 品】
作品01  作品02  作品03  作品04  作品05
 
作品06  作品07  作品08  作品09  作品10
 

久米島紬の里 ユイマール館   久米島紬の里 ユイマール館
 
施設案内  交通アクセス  体験コーナー  ご来館者の声  久米島紬