重要無形文化財 久米島紬

久米島紬事業協同組合
〒901-3104 沖縄県島尻郡久米島町真謝1878-1
TEL 098-985-8333 FAX 098-985-8970

本場久米島紬品質の証

本場久米島紬品質の証
 
久米島紬は、沖縄県の久米島に伝承されている絹織物でございます。芸術的価値が高く、工芸史上重要な地位を占め、かつ地方的特色が顕著な染織物であります。昭和50年に伝統的工芸品として通産産業大臣(現在経済産業大臣)の指定を受け、平成16年9月には国の重要無形文化財に指定されました。指定の要件は
  ①糸は紬糸または引き糸であること ②天然染料を使用すること
  ③絣は手括りであること        ④手織りであること
現在久米島紬保持団体・久米島紬事業協同組合・久米島町教育委員会が一緒になって、伝承者育成事業や養蚕の技術技法の保存、伝承に尽力しております。また、技術の公開・普及にも努めています。
 
久米島紬事業協同組合では、統一証票でその品質を証明しています。皆様には確かな久米島紬を、安心して選んでいただくために、組合統一商標「久米島紬事業協同組合証票」が貼付されています。
 
 
 
 
 
 沖縄県織物検査規格にもとづいて、合格した久米島紬には左に「沖縄県織物検査之証」と、中央に「沖縄県伝統工芸品之証」が貼付されます。そして右に「経済産業大臣指定伝統的工芸品」の証票が貼付されます。
     
 
  「本場久米島紬」の名称は久米島紬協同組合が平成19年に地域団体商標登録
  (第5029865号)を受け、当組合員以外において使用することはできません。
 
 
 
 
 
 
久米島紬事業協同組合
 
沖縄県島尻郡久米島町字真謝1878-1番地